2011年10月24日

無垢の板

内装工事が進んでいます。MN HOUSEの居間と台所の間のカウンターは無垢材で在りたいとずっと思っていた。限られた工事予算なので難しいかなと考えていたが、打合せの旅に居間周りの建築の考え方を話をして来て、その想いが通じたのか、工務店が無垢の板を探してきてくださった。近所の銘木屋さんに眠っていたトガの木だそうだ、今日は板を加工するということで電話を頂いたので工場へ足を運んだ。木の皮の部分を活かさないともったいないよと言われるので、少し皮の部分をつけざるを得なかった。もう少しシンプルな加工で良かったかもしれないが、大工さんと銘木屋さんが段取りしてくださったことなので、その気持ちを尊重させて頂いて素直に従うことにした。それでも無垢の木の木肌はやさしく力強い表情だ。

mn_house_mukuita.jpg

posted by U+ at 20:32| Comment(0) | ANM HOUSE

2011年10月06日

構造と空間

111006_nmh.JPG

内装工事が進んでいます。とは言え、リビングの天井は既に仕上がっています。出来るだけ合理的に建築を考える必要があったことと、建築の純粋な表現のために、リビングの天井を思い切って現すことにしました。ですからここだけは既に仕上がっています。壁も真壁としています。電気の配線のことなどいろいろ工夫が必要なことが多いのですが、建築の構造と空間が一体となっている方が空間に力を与えられると考えています。
posted by U+ at 07:01| Comment(0) | ANM HOUSE