2014年01月08日

解体が始まった。

kkw_解体.jpg

いよいよ金沢の町屋の再生工事の仕事が動き出しました。調査からすでに1年以上が経過している。
調査時にあれだけ苦労したのに、躯体すればものすごくシンプルな構造になっていることはっきりとわかる。次の100年に向けてきちんと再生をしていきたい。

kkw_着工.jpg

建物はごらんのようにいわゆる戦後の看板建築に改変されてしまっているが、年代ははっきりしないが、材は江戸期の転用材と思われる材も多い。足元から石積みで持ち上げられ軒が高くなっているが、軒の低い低町屋の原型がこの看板建築の背後に潜んでいる。私たちは明治期の建築と推察している。再生は近隣の類例にならい中町屋の姿に再生していく。

急なお知らせですが、古民家再生の会では、次の日曜日1月12日にまなんで民家!すまい塾をこの現場で開催します。古民家再生にご興味の方はぜひお越しください。
HPよりお申し込みください。→古民家再生の会HP
posted by U+ at 22:00| Comment(0) | KKW 古民家再生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: