2011年12月16日

夜に完成!

夜ようやく完成.JPG

引渡しがせまり現場は慌しくなっています。今日は明日の建築の検査を前に細かな部分の修正など大工さん職人さんがほぼ総がかりで1日現場で作業していたようです。午後に現場に行ったら現場が人でいっぱいでした。冬至を前に日の暮れるのも早くすっかり暗くなった夕方17:00頃に畳職人さんが畳を入れに来れれようやく完成しました。普段はあまり行わないのですが、オープンハウスを行うことにもなり、チラシをつくっていたのですが、小さなこの住まいの大きなコンセプトは「タタミ床のある住まい」なので、畳が入り本当に完成したことが実感されました。畳が入り、職人さんは電気屋さんだけになり、この写真を撮り終えたら絶妙のタイミングで仕事帰りのクライアントが立ち寄られました。細かな部分までいろいろ工夫し、職人さんが心を込めた仕事は、なかなか図面では読み取れないものです。クライアントも大変喜んでおられ、暮らし始めることを楽しみにしておられた様子でした。喜びの様子を見ると本当にこちらも心が熱くなります。オープンハウスの情報はこちら→U+NEWS
posted by U+ at 07:21| Comment(0) | ANM HOUSE

2011年12月02日

足場が外れました。

111130_足場がとれました.JPG

いい感じになってきたと自画自賛しています。板金などの合理的な素材も使っていますが、前面の部分は板張りと左官の仕上げとなっています。外観はポーチとデッキまわりと、正面両脇の木の格子の工事だけとなりました。法定床面積で30坪を切るこの住まいは、小さな住まいと言えます。タタミノ床のリビングを中心に、生活に十分な間取りを確保し、廊下を部分を極力減らし、部屋と部屋がダイレクトに繋がる構成です。さらに敷地の勾配を活かしながら、日本の生活様式だった。床に座ることを前提に、人の目線に違和感が無いように考えました。だいぶ完成してくると、本当に自画自賛かもしれませんが、随所に工夫があり、何かパズルのピースがパチッとおさまった感じのする空間構成となっています。皆さんに見ていただける機会があればと思いますが進捗に合わせどうなりますか?それでもご要望の方はご案内しますのでお気軽にお問合せ下さい。

posted by U+ at 01:42| Comment(0) | ANM HOUSE

2011年11月29日

内装造作

ANM HOUSEは、内装の造作工事が進んでいます。クライアントの息子さんの七五三の帰りに現場へ起こし頂きました。職人さんも皆さん現場へ来られて、休日なのに現場は大賑わいとなりました。

111127_真山邸_休日は住まいづくり.jpg

リビングと階段の間の木の縦格子には、テレビが設置されるので、機材の取り合いや開閉部分の納まりなど入念に打合せしました。

111127_真山邸_休日は住まいづくり2.jpg

2階の本棚なども家具工事ではなくて、大工さんの造作として工事しています。建具も取り付くので、すべてが待ったなしのぎりぎりのディテールです。建具の取手や階段の手すりなどU+は、手の触れる部分などディテールを細かに検討していきます。

休日は仕事の疲れもあると思いますし、家族で過ごす大切な時間だとは思うのですが、一度きりの貴重な住まいづくりを、自らが悩み考え、住まいづくりに参加し実感して頂くことも、やがて完成する住まいへの愛着に繋がると考えていて、出来るだけ現場で現実を前にして説明する時間を大切にしています。

posted by U+ at 21:25| Comment(0) | ANM HOUSE

2011年10月24日

無垢の板

内装工事が進んでいます。MN HOUSEの居間と台所の間のカウンターは無垢材で在りたいとずっと思っていた。限られた工事予算なので難しいかなと考えていたが、打合せの旅に居間周りの建築の考え方を話をして来て、その想いが通じたのか、工務店が無垢の板を探してきてくださった。近所の銘木屋さんに眠っていたトガの木だそうだ、今日は板を加工するということで電話を頂いたので工場へ足を運んだ。木の皮の部分を活かさないともったいないよと言われるので、少し皮の部分をつけざるを得なかった。もう少しシンプルな加工で良かったかもしれないが、大工さんと銘木屋さんが段取りしてくださったことなので、その気持ちを尊重させて頂いて素直に従うことにした。それでも無垢の木の木肌はやさしく力強い表情だ。

mn_house_mukuita.jpg

posted by U+ at 20:32| Comment(0) | ANM HOUSE

2011年10月06日

構造と空間

111006_nmh.JPG

内装工事が進んでいます。とは言え、リビングの天井は既に仕上がっています。出来るだけ合理的に建築を考える必要があったことと、建築の純粋な表現のために、リビングの天井を思い切って現すことにしました。ですからここだけは既に仕上がっています。壁も真壁としています。電気の配線のことなどいろいろ工夫が必要なことが多いのですが、建築の構造と空間が一体となっている方が空間に力を与えられると考えています。
posted by U+ at 07:01| Comment(0) | ANM HOUSE

2011年08月30日

外壁の工事が進んでいます

写真.JPG


防火の制限の強い地域なので、外壁に木を使おうとすると、それなりの仕様になりすが、まち並を考えるとやっぱり木を貼りたいと思います。

人気ブログランキングへ←応援よろしくね!f
posted by U+ at 18:13| Comment(0) | ANM HOUSE

2011年07月27日

建舞い(建て方)

写真.JPG
建舞いは、建築が具体的に立ち上がるり空間に出現するという最もダイナミックな変化の瞬間です。設計図を基に加工された一本一本の木がどんどん組み合わされて行きます。


posted by U+ at 14:51| Comment(0) | ANM HOUSE

2011年07月22日

地縄張り

MN HOUSE 地縄

先日、地鎮祭を終え、ようやく確認申請やら景観条例やらの諸手続きを終え着工しました。今回は敷地にも微妙な勾配もあり、建物の配置が大変シビアなので、正確に敷地の採寸をしながら建物の位置を決めていきます。


posted by U+ at 09:07| Comment(0) | ANM HOUSE