2011年12月28日

慌しく年末へ向かう

年末に向けて01.jpg

やはり年末は慌しく、常徳寺の現場は年末に向け滑り込み状態でした。クリーニング補修の真っ最中でした。和室の照明はまだですが、畳も敷かれて左官屋さんが部分的に補修中でした。

年末に向けて02.jpg

玄関は、まったく違う空間にイメージは一新されています。クライアントの住職は絵を描かれ、奥さんもお花を活けられます。もともと美術への理解もありますので、結構大胆な私のイメージを受け入れていただけました。玄関から続く廊下はいろいろな部屋との取り合いも多く、コンクリートの下地の部分、プラスターボードの部分など仕上げもばらばらで、雑多なイメージだったのですが、白く塗りこめ、面を整理し家具をデザインしどこか美術館のようになりました。

全体は住まいながらの改修工事なので、不自由もおかけしたように思いますが、クライアントも建築を楽しんでいただけたのではないかと思います。年明けに最終の最終の手直しをして完成です。

現場は、年末に何とかという思いで、27日にクリーニングと仕上げを急ピッチで行っていましたが、屋根の融雪装置の配管からの水漏れの発覚などのあり、本当に慌しくなっていました。
posted by U+ at 07:36| Comment(0) | 常徳寺

2011年12月21日

今までに見たことのない天井

「天井がすごい事になったよ!」と現場監督を勤める同窓のO君から電話が入った。早速現場に行き。バリアフリーに配慮し設置したエレベータを降りるとごらんの通りであった。私も少し息を呑んだ。

仏壇職人の仕事01.JPG

鉄筋コンクリートにしつらえられた、客坊室という部屋を拡張し蘇らせることになった。客防室とよばれるこの部屋は、当初は数奇屋風の軽快な雰囲気の和室を住職は寺らしい格式と斬新な意匠を持たせたいとの想いで仕事はスタートしました。平面としては、写真の右側半間を拡張したのみで、床の間や棚、使える建具は手直しして出来るだけそのまま使用しました。和室の天井は折上げの格天井で検討していたが、躯体の取り合いなどから、天井高を抑えたシンプルな格天井となり金沢仏壇の職人に施工をお願いすることになった。建築でいくつかの実績を住職が認められ今回も施工をお願いした。施工と言うか細工かもしれない。

今回玄関廻りも見直した。ちらりと奥に見えるがこちらもいい感じである。全体として機能とサイズなどを見直し、利用できる部分は利用し、不要な部分は取り払っただけだったけれど、伝統の表現と現代の表現が斬新に出会ったようなイメージとなった。クライアントもこの変化に驚きの表情で大変喜んでおられる様子だった。ジュラク壁も塗り終わり、畳と装飾の金物、タタミを入れると完成する。残るは照明だか天井に負けない存在の照明を提案したい。

仏壇職人の仕事02.JPG



posted by U+ at 11:08| Comment(0) | 常徳寺

2011年12月16日

夜に完成!

夜ようやく完成.JPG

引渡しがせまり現場は慌しくなっています。今日は明日の建築の検査を前に細かな部分の修正など大工さん職人さんがほぼ総がかりで1日現場で作業していたようです。午後に現場に行ったら現場が人でいっぱいでした。冬至を前に日の暮れるのも早くすっかり暗くなった夕方17:00頃に畳職人さんが畳を入れに来れれようやく完成しました。普段はあまり行わないのですが、オープンハウスを行うことにもなり、チラシをつくっていたのですが、小さなこの住まいの大きなコンセプトは「タタミ床のある住まい」なので、畳が入り本当に完成したことが実感されました。畳が入り、職人さんは電気屋さんだけになり、この写真を撮り終えたら絶妙のタイミングで仕事帰りのクライアントが立ち寄られました。細かな部分までいろいろ工夫し、職人さんが心を込めた仕事は、なかなか図面では読み取れないものです。クライアントも大変喜んでおられ、暮らし始めることを楽しみにしておられた様子でした。喜びの様子を見ると本当にこちらも心が熱くなります。オープンハウスの情報はこちら→U+NEWS
posted by U+ at 07:21| Comment(0) | ANM HOUSE

2011年12月15日

完成しました。

改修を進めてきた。能美市の国造保育園の改修が能美市の検査も終わり完成しました。

保育園のもう使われなくなった機械室の改修だったので天井や、既存の設備の振り回しなど難しい面もありましが、自然な材料でやさしい風合いの保育室となりました。インテリアは保育士さんと打合せし進めました。自然な色とナチュラルな白、ピンク色がやさしく暖かいイメージの空間になりました。木材も少し傷つき色合いも落ち着けば、よりいい雰囲気になると思っています。

国造保育園完成01.JPG

収まりや寸法は基本的に他の保育室と同じですが、建具は無垢材でつくっています。まだ浮いた印象ですが、徐々になじんでいくと思います。


国造保育園完成02.JPG

窓を大きく開けて、外に小さなデッキ(人工素材)を設けいています。既存の天井高が低く天井の懐を十分に確保出来ないので、両端に小さなハンチ(斜め部分)がとってあります。天井も直接はずせる。水玉のニュータイガートーンです。


国造保育園完成03.JPG

幼児用の手洗いは製品を活用しています。無粋な電気の盤もマグネットとホワイトボード兼用の建具を取り付け活用しています。床は無垢のカバ桜のフローリング結構ピンク色で、保育士さんに好評でした。シンプルでありながらもとてもかわいい感じです。

posted by U+ at 07:31| Comment(0) | 国造保育園

2011年12月13日

垂直も測る

プランドル建て方チェック01.jpg

以前、建物のレベルを音で測ると言いましたが、現場で今やトランシットが大活躍となります。もちろん下げ振りという道具で垂直を測ることは大工さんなど日常的に使いますが、規模の大きな建築では、風や地球が球体である誤差が大きすぎて最近は高性能のトランシットで測量的な補正を行いながら測定します。おそらく先日のレーザー測定技術を使えばもしかして音で図ることも可能なのかもしれません。先日プランドルの現場でトランシットを覗いていたが、大きな建築を前に微視的に覗く行為が時代の進歩を感じさせました。
posted by U+ at 06:43| Comment(0) | Prendre

2011年12月02日

足場が外れました。

111130_足場がとれました.JPG

いい感じになってきたと自画自賛しています。板金などの合理的な素材も使っていますが、前面の部分は板張りと左官の仕上げとなっています。外観はポーチとデッキまわりと、正面両脇の木の格子の工事だけとなりました。法定床面積で30坪を切るこの住まいは、小さな住まいと言えます。タタミノ床のリビングを中心に、生活に十分な間取りを確保し、廊下を部分を極力減らし、部屋と部屋がダイレクトに繋がる構成です。さらに敷地の勾配を活かしながら、日本の生活様式だった。床に座ることを前提に、人の目線に違和感が無いように考えました。だいぶ完成してくると、本当に自画自賛かもしれませんが、随所に工夫があり、何かパズルのピースがパチッとおさまった感じのする空間構成となっています。皆さんに見ていただける機会があればと思いますが進捗に合わせどうなりますか?それでもご要望の方はご案内しますのでお気軽にお問合せ下さい。

posted by U+ at 01:42| Comment(0) | ANM HOUSE

拭き漆で仕上げる。

漆を塗っています.jpg

常徳寺の内装の工事も着々と進んでいます。古い和室の活かせる部分はすべて活かし大工さんの技術で上手に木をついで、押入れなどのレイアウトを変更し2坪ほど広い和室にしています。既存の木材は白木だったものに仏壇職人に木部を拭き漆で仕上げてもらっています。古い部分と新しい部分がすっかりなじみました。天井は住職の格式を保ちたいとの思いで格天井をすべて仏壇職人がつくります。完成が楽しみです。こちらも年内には完成です。

posted by U+ at 01:24| Comment(0) | 常徳寺

無垢の木はいいね!

造作が進んでいます。基本的なつくりは、既存の保育室を参照していますが、既存の保育室のようにペンキでカラフルにしてしまうのではなく、出来るだけ自然なやさしいデザインにと思っていて、地元のヒノキ材、スギ材を無垢材を活かすようにでざいんしています。今回は機械室を保育室に用途変更するということで、天井高も低いけれど、小さくともやさしく暖かな雰囲気をつくりだします。もうそろそろ完成です。

無垢の木がいい.JPG

posted by U+ at 01:07| Comment(0) | 国造保育園

ハイベースセット

鉄骨の建物には、鉄骨を基礎へ固定するためにアンカーボルトを設置します。基礎は建築では重要な部分ですが、昔なら精度出しにくい工事であったと思うけれど、最近は工法が本当に合理化されたものとなっています。先日のレーザ水準器も用いながら、すでに誤差なしで現場が進んで生きます。

ハイベース.JPG

ネーミングもこれはハイベース言いますが、High Qualityの「ハイ」だと信じていますが、意外と建築関係のネーミングはオチャラケな事が多く、「はい!ベース」手っ取り早い的なネーミングかもしれない。



posted by U+ at 00:58| Comment(0) | Prendre

2011年11月29日

内装造作

ANM HOUSEは、内装の造作工事が進んでいます。クライアントの息子さんの七五三の帰りに現場へ起こし頂きました。職人さんも皆さん現場へ来られて、休日なのに現場は大賑わいとなりました。

111127_真山邸_休日は住まいづくり.jpg

リビングと階段の間の木の縦格子には、テレビが設置されるので、機材の取り合いや開閉部分の納まりなど入念に打合せしました。

111127_真山邸_休日は住まいづくり2.jpg

2階の本棚なども家具工事ではなくて、大工さんの造作として工事しています。建具も取り付くので、すべてが待ったなしのぎりぎりのディテールです。建具の取手や階段の手すりなどU+は、手の触れる部分などディテールを細かに検討していきます。

休日は仕事の疲れもあると思いますし、家族で過ごす大切な時間だとは思うのですが、一度きりの貴重な住まいづくりを、自らが悩み考え、住まいづくりに参加し実感して頂くことも、やがて完成する住まいへの愛着に繋がると考えていて、出来るだけ現場で現実を前にして説明する時間を大切にしています。

posted by U+ at 21:25| Comment(0) | ANM HOUSE